キャンプの防犯対策どうしてますか?

キャンプの防犯 雑記
キャンプの防犯
スポンサーリンク
スポンサーリンク

防犯ってどうしてますか?

『日本は安全、大丈夫』は危険?

昨今のキャンプブームにより、キャンプ参加者は急増しました。

それと同時にキャンプ場でのマナー問題や盗難などのトラブルが増えたと聞きます。

日本だから盗難とか大丈夫でしょ、みんな良い人、ハッピー🎵っていうのはまずいですよね。

皆さんの防犯対策って何がありますか?

私はまだ泊りキャンプは1回だけですが、防犯意識が高いです。

高いんですが、何をすればいいのかわかっていません。

わかっていないからといってやらないのではあまりにも不用心ですよね。

テントから離れて遊びに行く場合

1、荷物はできる限りテントの中にしまっておく。

外に置いておくと簡単にとられてしまう可能性があります。

特にランタンなど持ち運ぶことを前提としているものは違和感がありません。

また、すぐにコンパクトになるイスやテーブルなどもささっと持っていかれてしまいますよね。

その対策のためにも荷物はできる限りテントにしまいましょう。

わざわざテントを開けて盗っていくというのは心理的ハードルを高いため、防犯効果があります。

2、テントの入り口に靴を置いておく。

テントの前に靴があれば、中に人がいると思いますよね。

もし悪い人が物を盗もうとするとき、人の気配がある方とない方では間違いなくない方を選ぶでしょう。

靴がある=人がいると思わせるだけでも効果的ではないでしょうか。

暗くなったら、テントの中に点灯したライトを置いておくというのもいいですね。

音楽をかけておくのもいいかも。

3、入口のファスナーを南京錠などで施錠する。

見た目がインパクトありますね。

『このテントの人は防犯意識が高そうだ』と思わせればいいわけです。

ファスナーを南京錠で固定してしまえば効果がありそうですね。

ただ、本当の出入りの時に少し手間ですが。

夜、寝ているときの場合

1、荷物はできる限りテントの中にしまっておく。

これは昼間も同じですね。

夜間にこっそり持っていかれたらだれも気付きません。

きちんと片づけをしましょう。

当然ですが、食べ残しや飲み残しも片づけてから寝るのが基本だと思ってます。

2、入口のファスナーを南京錠などで施錠する。

昼間と同じです。

ですが、夜起きた時にトイレに行こうと思ったらカギが。。。ってなります。

かなり面倒ですね。

それから、鍵をかけてもテントは基本布製なので刃物で開けられたらひとたまりもありません。

あくまでも抑止力を上げる目的ですね。

3、人感センサー付きライトを置く。

人が近づくとパッとライトが点灯するやつです。

これは一般住宅でも一定の防犯効果があるといわれているものですね。

テント外に設置する場合は向きや明るさによっては、近くのテントの方にご迷惑が掛かってしまう可能性があります。

十分注意して設置しましょう。

向きや方向をきちんとセットできるのであれば、むやみにテントに近づく人に威嚇ができますね。

もちろん、人だけではなく動物に対しても効果的です。

就寝時は人感センサーをテント内に設置しよう。

夜間はテントの中に人がいるのはわかっています。

でも、「起きている」もしくは「起きた」と思わせればいいと思います。

ですので人感センサーをテントの中に設置して、入口方面にセンサーを向けるのはどうでしょうか。

誰かがテントを開けて入ってくる⇒センサーが反応⇒ライト点灯⇒驚く

 

ちょっと心配になったので買っちゃいました。

アマゾンで1000円だったからつい。

GWにソレイユの丘に泊りで行きますが、やはり夜の防犯に何か対策をしたい。

そんなことは考えてたら、先ほどポチリしちゃいました。

これなら自宅のクローゼットでも使えるからいいかなぁって。

単三電池が3つ必要。

でも、明るさはかなり明るいとのこと。これをテント内に置いておこうと思います。

 

キャンプの防犯対策

まだまだ初心者キャンパーですが、家族も一緒なのでできる限り対策はしておきたい。

それに折角うきうきして買ったお気に入りを盗まれたらもうどん底です。

そうならないように気を付けておきたいです。

みなさんの防犯対策も教えてもらえたら助かります。

 

ブログランキングに参加してます。気に入ってもらえたら、1日1回のポチッをお願いします。


ファミリーキャンプランキング

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました