【いざ楽天経済圏へ】楽天をいちから始めます。

スポンサーリンク

ふるさと納税をよりお得に活用したい!

だから楽天ふるさと納税でポイントをたくさんもらう!

スポンサーリンク

楽天経済圏へ引っ越しをします!

今まで楽天の会員IDは持っていましたが、ほとんど使ってはいませんでした。

楽天市場の利用も月に1回程度。

楽天経済圏という言葉は耳にしていましたが、面倒だなって思って動きませんでした。

しかし、

  1. ふるさと納税を今年数十万円分したい。
  2. どうせするなら楽天ふるさと納税で楽天ポイントを貯めたい。
  3. 楽天ポイントを最大限に獲得したい。
  4. それならすべてを楽天に集約しよう!

こういう思考回路です。

今までのポイント活動

今までは、

  1. dカードゴールド
  2. JCBプラチナ

この2枚が生活の基本でした。

dカードゴールドを使っていた理由

  1. docomoのスマホとNTTドコモ光のポイントが10%還元されること。
  2. dポイントスーパー還元プログラムでd払いやIDの支払いにつき+5%還元(※改悪?により現在は+2.5%になりました。。。)

JCBプラチナを使ていた理由

  1. 最上位カードのザ・クラスをゲットしたかった。かっこいいから!

これからのdカードゴールドとJCBプラチナの使い方

dカードゴールドは引き続き10%還元でdポイントをため続けます。

そしてコンビニやスーパーなどではd払いとIDを使用して3.5%還元をうけます。

JCBプラチナは、、、

JCBプラチナは、、、どうしよう?年間費高いしなぁ。

一応、かっこつけるために持っておきますか!

楽天サービスの何を使うのか。

楽天スーパーポイントアップは基本の1倍(1%)に上記15倍を加えて、最大で16倍となっています。

これらを無駄に利用することなく、でも1つでも多く利用することが大事らしい。

さてさてどうしようかね。

ブログやyoutubeで勉強させてもらいました。

今回勉強をするにあたって参考にさせていただいたのはこの方たちです。

どの楽天サービスを使うのか。

  1. 楽天モバイル+1 ポケットWi-Fiの契約をしようと思います。Aterm MP02LN
  2. 楽天ゴールドカード+4
  3. 楽天銀行+1
  4. 楽天保険+1 楽天カード超かんたん保険の内、300円くらいの安いやつに加入します。
  5. 楽天でんき+0.5 4人家族なのでそこそこ安くなりそうです。(単身者は安くならない?)
  6. 楽天証券+1 将来的にはつみたてNISAをこっちに変更したいです。
  7. 楽天市場アプリ+0.5
  8. 楽天ブックス+1 子供用のドリルや雑誌の購入で達成できそう。

これで11%ポイント還元になりますね。

あとは楽天TVをどうするか。パリーグスペシャルが月額702円。

野球は全く見ないので、正直興味はありません。ですが、月額702円以上のメリットがあれば加入しておきたいですね。

ここに5と0のつく日で+2と買い物マラソンで+9で合わせて+11です。

最大22%ポイント還元をできる状態で楽天ふるさと納税がしたいのです。

ちなみにお買い物マラソンは10店舗利用で+9になります。

これは1万円×10自治体へのふるさと納税で楽々達成です。別々の自治体10か所にふるさと納税すれば10店舗でカウントされるのがすごいですよね。

10万円のふるさと納税で22,000ポイント獲得

条件をそろえた状態で10万円ふるさと納税➡22,000ポイント獲得。

これを5回繰り返せれば50万円の納税で11万ポイント獲得。年間の電気代と相殺できます。

つまり納税をきちんとやっているのに、返礼品がもらえて、毎月電気代も払ってもらっちゃうみたいなもんですね。

結論:楽天経済圏は一日でも早く始めるべきだ。

いきなり全部は準備が整わないので、これからこつこつ始めます。

こんなことならもっと早く始めればよかったよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました